ホーム >  遠隔ヒーリングについて

遠隔ヒーリングについて

遠隔ヒーリングについて

リコネクティブヒーリング®もレイキヒーリングも遠隔ヒーリングが可能です。ヒーリングは距離に関係なく、起こります。
対面も遠隔も効果は全くかわりません。
(対面でのヒーリングの際も、クライアントさんには触れません。)
余分な情報はヒーリングの妨げになってしまいますので、当サイトではそういったものが入らない遠隔でのヒーリングをおすすめしています。
体験談をご覧いただけると、お分かりいただけるのですが、ヒーリングは遠隔の方ばかりです。
体験された方は、遠隔でもちゃんとヒーリング体験をされていますので、ご安心ください。
遠隔ヒーリングは以下の時間帯で、ご都合の良い日にヒーリングを受けて頂く事ができます。
午前10:00〜午後8:00(8:00以降は要相談)
対面の場合ですと、以下のとおりです。
午後3時(チェックイン開始時間)〜午後6時(要相談)
対面の場合はホテルの空きに左右されチェックインの時間などを考えますと1日に1〜2人しか対応できません。
遠隔の方が時間的、金銭的にもクライアントさんへのご負担が小さくて済むのではないかと思います。

遠隔によるリコネクティブヒーリング®

セッションは全身くまなくやらせて頂きます。
例えばクライアントさんが「肩が痛いから肩だけをお願いします」と仰られても全身まんべんなくヒーリングを行います。
リコネクティブヒーリング®の説明にも書きましたが、ヒーリングの必要な場所は私やクライアントさんが決めるのではなく必要な場所へ必要な分だけ届けられるからです。
クライアントさんがここを重点的にやって欲しいと思われても別のところが必要であればそちらに届けられてしまいます。
こういったことから遠隔ヒーリングの際にクライアントさんのお名前と年齢と性別だけお伺いして病気や症状などは伺いません。
ですからヒーリングが終わってからのご報告でクライアントさんの状態や状況を知るという事がよくあります。
セッションの流れは以下のようになります。
・事前説明(電話またはメールにて)
・セッションの開始をお知らせいたします。(電話またはメールにて)
・セッション30~40分
・セッションの終了をお知らせいたします。(電話またはメールにて)
・体験談を書いていただきセッションの終了となります。
※ヒーリングを受ける際には寝ていても起きていてもお仕事をしていてもどのような状態でもOKです。
しかし、折角の貴重な体験ですので可能であれば椅子に座るか、ベットに横になって静かに目をつむって受けてください。
ヒーリングの回数について
本家サイトには、3回で十分と書いてありますが3回以上はダメと言う訳ではありません。
3回受けて、もし、もう一度と思われたらヒーリングを受けていただけます。

遠隔によるレイキヒーリング

辛いところを事前にお知らせいただきます。
そこを中心に、遠隔にて、ヒーリングを行います。
セッションの流れは以下のとおりです。
・事前に電話またはメールで、辛いところをお聞きします。
・ヒーリング開始のご連絡をいたします。
・辛いところを中心に、遠隔にてヒーリングを行います。
・ヒーリング後、電話またはメールにて、終了をお知らせいたします。